継続!あわいちの糖質制限実践記

糖質制限ビギナーのサラリーマンあわいちがアレルギー体質を改善。このままダイエット効果や健康体質を手に出来るか!?無理せず継続する体当たり実践記!

スーパー糖質制限の難しさ;-5㎏目標お奨めの糖質制限方法

      2016/09/28

糖質制限を始めてそろそろ3か月になります。

糖質制限のレベルはスタンダード糖質制限で私の生活レベルに適した内容となっており継続する上で障害が少ないと言えます。

スタンダード糖質制限に加え少しの有酸素運動(ジョギング等)で体重、体調管理しています。

ダイエットや健康管理は継続できなければ意味がありませんのでこのままスタンダードで続けて行きたいと考えています。

asparagus-1307604_640

糖質制限の種類

糖質制限のレベルは3段階に分けられます。

①プチ糖質制限 :     1日3食のうち1食炭水化物を抜く。

1日の糖質量:120g~170g

②スタンダード糖質制限 : 1日3食のうち2食炭水化物を抜く。

1日の糖質量:70g~120g

③スーパー糖質制限 :   炭水化物を摂らない。

1日の糖質量:30g~60g

 

白ご飯は1杯約50~60gです。

私は休日一日家にいる時や、一日通してエネルギー消費が少ない日はスーパー糖質制限に切り替えたりしています。

 

初めからスーパー糖質制限すること

runner-888016_640

今まで糖質制限をしたことがない人が急に独自の判断でスーパー糖質制限をするとどうなるのでしょうか。

ダイエット効果は絶大です。

ただ・・・

僕はスタート初期の1週間でスーパーに近い糖質制限を行い糖質カットした分のエネルギー補給はしていたつもりでしたが結果的にエネルギー不足に陥りました

医者やトレーナーの管理の元実行出来るのであればエネルギー不足に陥っても解決策を導いてくれるでしょう。

しかしながらほとんどの人がダイエット目的として個人的に始められると思います。

スタート初期からスーパー糖質制限で進めることは私のようにエネルギー不足に陥るリスクを伴います。

食事の半分くらいのエネルギーを炭水化物で補っていた今までに対しそれをカットした分のエネルギーは豆腐1丁でも補いきれないんです。

ご飯抜いたら茶碗1杯分の体積の豆腐を食べればいい・・・そんなわけはありません。

食事において炭水化物のエネルギー量は思っているより大きいものです。

このように元々炭水化物で摂取していたエネルギーをそれ以外の栄養素で補うというのは結構大変です。

糖質のカット量が大きければ大きいほど大変です。

belly-2354_640

糖質制限 ダイエットの薦め

もし2か月でダイエットで5㎏痩せる目標を立てるのであれば

最初の1か月 : スタンダード糖質制限(+有酸素運動30分)

その後3週間 : スーパー糖質制限(+有酸素運動30分)

それ以降 : スタンダード糖質制限(+有酸素運動30分)

のプログラムを立案します。

 

最初の1か月はスタンダードで始め糖質制限というプログラムへの慣らし期間。

開始前の食事内容と対比させて糖質制限のレベルを決める期間でもあります。

体重の減少に加えエネルギーが足りているかは重要なモニターポイントです。

最初にプチ糖質制限から始めるとダイエット効果が緩やか過ぎて果たして効果があるのかわからず、継続を迷ってしまう可能性があります。

ダイエットは効果が見られないとモチベーションが続かないですし。

やはり体重も落としつつエネルギー不足のリスク管理をモニターしやすいのがスタンダード糖質制限にあたります。

スタンダードで慣らしつつ1か月後の3週間で本格的に体重を落とすというのが、効率的であり低リスクな糖質制限方法になります。

ダイエットとしてもこの方法であれば‐5㎏は容易でしょう。

 

では良い糖質制限ライフを。

 

 

 

 

 - 糖質制限とダイエット

1 / 11