継続!あわいちの糖質制限実践記

糖質制限ビギナーのサラリーマンあわいちがアレルギー体質を改善。このままダイエット効果や健康体質を手に出来るか!?無理せず継続する体当たり実践記!

アレルギーに有効!花粉症と鼻炎は糖質制限で治す。

      2016/09/28

糖質制限を始めてから長年悩まされていた鼻炎が軽減し、鼻詰まり状態がデフォルトだった私が今では鼻が詰まっている場合が不測の事態で「なぜだろう」と原因を探すようになっています。

糖質制限後でも何度か口内炎が出来ていますが、口内炎が出来ると鼻詰まりや肉体的に倦怠感が出てきます。

私にとって口内炎は体調、エネルギー不足を知らせてくれるバロメータになっていて口内炎が出来る時は体にとって要注意です。

口内炎は出来ないのが理想ですが私の場合、結構定期的に出来てしまいます。

◆口内炎発症 → 原因:免疫力、エネルギー不足、腸内環境悪 → 栄養、睡眠にて体調を整える → 口内炎や体調不良が治癒。

dog-188273_640

冒頭で糖質制限により持病である鼻炎が軽減したと言いましたが糖質制限の何が有効だったのでしょうか。

鼻炎の種類から紐解き探って行きましょう。

鼻炎の種類

①アレルギー性鼻炎

日本人の2.5人に1人が発症。

アレルギー性鼻炎は季節性通年性に分けられ季節性は花粉症を含む。

通年性のアレルゲンはカビやハウスダスト(ダニの死骸)、ペットの毛や皮膚がある。

私は季節関係無く鼻炎がハウスダストで悪化する為、通年性鼻炎に属します

ハウスダストを多く吸った時は鼻炎の悪化の他に気道が狭まるのが感じられ咳が出ます。

気力もパワーもダウンします。

●アレルギー性鼻炎についての内部リンク

アレルギー性鼻炎を本気で治したい人!実は簡単に治せるんです。

アレルギーに有効!花粉症と鼻炎は糖質制限で治す。

②血管運動性鼻炎

特定のアレルギーが見つからない時はこの疾患と判断されます。

温度差で発症するケースが多く他にはストレスや寝不足などがあります。

高齢者に多い特徴があります。

③薬剤性鼻炎

市販の点鼻薬を多く使い過ぎた時に起こる疾患。

点鼻薬の過剰摂取で鼻粘膜の腫れが生じ鼻炎を発症します。

 

鼻炎の種類は主に上記3点となり私には②、③は当てはまりません。

花粉症と同じ属性のアレルギー性鼻炎ですが花粉には反応しません。

 

アレルギー性鼻炎対策として私がやってきたこと

MS251_kokoderuyo_TP_V

①アレルゲンの除去

アレルゲンであるハウスダストを極力排除しようとこまめな(神経質に感じられるほど)布団や部屋の掃除、空気清浄機を試した。

効果は少なからずあると思います。

ただし部屋にアレルゲンが貯まらないように気を配っていなければ維持が出来ませんし

自宅以外でアレルゲンに遭遇すると鼻詰まりが発生します。

②湿度を保つ

これもアレルゲンが飛散し体内に入るのを防ぐ方法の一つですが目立った効果は私にはありませんでした。

③睡眠を十分取りストレスを貯めない

ストレスを貯めないのは免疫を高めること自体に効果的ですが、鼻炎の改善にはつながりませんでした。

●睡眠の質との関連リンク

糖質制限により眠気解消!?睡眠の質の向上

イライラしなくてもいいんだよ!糖質制限が精神面に及ぼす効果

④市販薬

抗ヒスタミン剤、漢方試しましたが私には殆ど効果がありませでした。

点鼻した直後のみ通りが良くなったかなぁって程度です。

後は鼻炎に効果のあると言われるお茶とかも試しましたが効果はあったのかなかったのか微妙な程度です。

⑤医者に通う

鼻の中に鼻鏡を突っ込まれ、効果があるのか無いのかわからない薬を処方され長期間通いましたが効果はなかったです。

検査が痛いので耳鼻科にはもう通いたくありません。

⑥糖質制限

糖質制限4日目にして効果が見られました。

両方の鼻がスッと通り今までに味わったことのない爽快感がありました。

 

なぜ糖質制限でアレルギー性鼻炎が治ったのか

elly20160628571122_TP_V

私も4日という短期にして効果が出たのは驚愕でした。

糖質制限最で効果があった最も大きな原因として2つ挙げられます。

一つ目は、糖質制限により血糖値の上昇が穏やかになりインスリン分泌による臓器への負担、下げ過ぎた血糖値を戻す際のホルモンの分泌が抑えられ臓器に掛かる負担が減った為です。

そして二つ目として、糖質を減らすことでの糖化の減少により、血液がサラサラになり老廃物の回収や栄養素の運搬がスムーズに行われるようになった為です。

臓器系統の活性化や循環機能がスムーズに行われるようになり、アレルゲンと結びついた栄養素は老廃物として

回収が速やかに行われるのでアレルギー反応が抑えられます。

糖質の過剰摂取時代は食事後に血糖値の上下動が激しく行われ、臓器への負担は著しく、血液もどろどろで血管の循環機能も低下していたのでしょう。

私はこの鼻炎が良化した結果により糖質制限を継続することを決めました。

引き続きモニタリンしていき有意義な情報が報告出来るよう努めたいと思っています。

●アレルギー性鼻炎の開花観察及び腸内環境との関係

腸内環境改善でアレルギーを治す/糖質制限

安定!【5か月目実践状況】アレルギーの克服

 

では良い糖質制限ライフを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 糖質制限と鼻炎

1 / 11